交通事故の治療について

  • TOP
  • 交通事故の治療について

交通事故にあわれた方へ

交通事故にあわれた方へ

交通事故による最もよくある症状は、頸・肩の痛み、頭痛、吐き気、手のしびれなどいわゆる「むち打ち」(頸椎捻挫)によるものが大半です。

重篤な後遺症を残すことは多くありませんが、不快な痛み、しびれなどで日常生活や仕事に支障が出ることも少なくありません。
また、事故以外の隠れた病気を合併していることもあります。
まず医師の診察を受け、正しい診断のもと適切な治療を受けることをお薦めいたします。

「むち打ち」をはじめ交通事故疾患の治療は整骨院でおこなうマッサージ、温熱、電気療法だけだはありません。
鎮痛剤、漢方薬、トリガーポイント注射、運動器リハビリなど病院・診療所でしかできない治療も必要になってきます。

当院では、温熱、電気、牽引などの理学療法はもちろんマッサージ、運動器リハビリなどの徒手治療も行っております。
必要に応じて鎮痛剤、トリガーポイント注射も併用し、症状の改善をはかります。
また、交通外傷による手術の後のリハビリもお引き受けいたします。
事故にあわれた患者様のご不安を改善できるよう、最善の努力をいたします。

なお、交通事故の診断書作成や後遺症診断は医師しかできません。
(整骨院の先生は柔道整復師であって医師ではありません)